マイクロスコープ

日本では一般的にマイクロスコープのことを顕微鏡と呼ばれています。

マイクロスコープは光学的または電子的な技術を用いることで肉眼では確認できない微小な物体を拡大して肉眼で見えるようにする機械です。

マイクロスコープを使う技術のことを顕微鏡法もしくは検鏡法と言い、物質を観察できる状態にしたものをプレパラートと言います。

医療や商品の開発などにおいて、マイクロスコープは日常的に使われています。人間の目では見えない世界、気になる方は市販のマイクロスコープを購入して身近なものを観察してみてはいかがでしょうか。